いざ出陣! 上野丘高校それとも舞鶴高校?

上野丘高校と舞鶴高校は、大分県内では、屈指の名門校です。上野丘高校は、大分県唯一の全国区の進学校であり、舞鶴高校は、文武両道の理想的な学校です。

 

内申が260点で、模試の成績もいつも240点以上とれる生徒のみなさんは、迷わず上野丘高校を目指す人が多いでしょう。

 

しかし、模試の成績が、210点から230点の生徒さんは、どちらの学校に出願するか迷う生徒さんもいるでしょう。

 

上野丘高校と舞鶴高校のボーダラインの差は、どれくらいあるでしょうか?

 

県の教育委員会では、最低点は、発表していませんので、正確な差は、分かりません。

 

ただ言えることは、両校の入試のボーダラインの差は、10点〜20点又は10点以内?とそれほど大きくありません。

 

上野丘高校の上位三分の一は、本当に優秀な生徒です。しかし、一般的に考えると、半分以下の層と舞鶴高校の半分以上の層は、ほとんど差がないと想定されます。

 

しかし、僅かなボーダーラインの差であっても、毎年、倍率などによって変動します。

 

また、230点から10点あげるのも、正答率の低い問題を解かなくては、いけないので大変ですし不安です。

 

模試が210点から230点の生徒さんにとって、上野丘高校を受験するのは、リスクをとって、挑戦することになります。

 

リスクをとらずに、手堅く舞鶴高校をゲットする選択も現実的で賢い選択肢と思います。

 

一方で、今の時代、社会人になって、グローバルな仕事や新規事業をするときには、リスクを取る挑戦をせざるを得ない局面も多々あります。

 

その意味で、リスクをとって、上野丘高校に挑戦して、仮に破れたとしても、将来に向かって貴重な学びの実経験をすることになると思います。

 

人が真に成長するときは、リスクをとって、挑戦するときです。

 

その意味で、模試がら210点から230点の生徒の皆さんの、上野丘高校への挑戦を心から応援したいと思います。

 

リスクをとって、上野丘高校に挑戦する生徒の皆さん、将来に栄光あれ。

 

完全個人指導塾  OEC      下垣  明

大分市松が丘   携帯08067134143

 

 

上野丘高校の数学の特異性

上野丘高校は、大分県の中では、一強であり、東大合格者数は、10人〜20人、国立医学部は、20人以上輩出します。

 

これらの難関大学を目指す受験生は、東京や大阪の中高一貫校の出身者と競わないといけません。

 

中高一貫校の出身者は、厳しい中学受験を制覇してきたうえに、高校2年生までに、数学Ⅲは、完全に教科書で履修する内容は、終了しています。少なくとも一年かけて、難関校のレベルの高い問題の総合対策に集中します。

 

東京の鉄録会という塾に東京の著名な私立の中高一貫校の生徒が通っていますが、中学3年生のときに高3の教科書レベルは終了します。

 

上野丘高校の東大や国立医学部の難関校を目指す生徒は、とんでもない怪物もいる東京や大阪の私立の中高一貫校の生徒と正面からぶつかり勝負しないといけません。

 

そのために、年々、東大合格者数の中の地方県立高校の比率は、下がり続け、現在では35%まで低下しています。公立の復権として都立日比谷高校の新しい試みが報じられています。東京では、進学重点校として7校指定されて、予備校顔負けの本格的受験対策が講じられています。

 

上野丘高校は、地方県立高校として、全国的にも大いに健闘しています。

 

上野丘高校の数学の進度もレベルも舞鶴高校とは、大きく異なることが想定されます。上野丘高校に入学する生徒は出身中学では、数学が5の生徒ですが、入学後、日々の数学の授業がとんでもない異次元のはやさと質で圧倒してくる事実に仰天するでしょう。

 

上位三分の一の生徒は、冷静に受け止め、それをも乗り越えて難関大学合格の栄冠を勝ち得ていくのでしょう。

 

残りの生徒さんは、ある意味、日々の授業からは、落ちこぼれてしまいますか、そこは、さすごに上野丘高校を突破した生徒さんです。何とか友達に聞かながら又は塾にいきながら、つじつまを合わせていくのでしょう。

 

しかし、高校入学前とは、想像しないような厳しい世界、しかし見方を変えれば、今まで経験のしたことがないやりがいのある新しい世界が広がっているのです。

 

私は、この上野丘高校の厳しい数学の授業についていけるように生徒さん一人ひとりの状況に合わせて親身に徹底的に補佐そして親身の指導をします。

 

完全個人指導塾 OEC     下垣 明

大分市松が丘   携帯08067134143

 

 

大分県立高校入試の数学を8割以上正答する方法

大分県立高校入試の数学は、他県と比較してもかなり個性的といってもいいかと思います。

22年度の問題をみると正答率10%未満の問題が5問あります。しかも配点が3点と高い場合が多いです。そして、最も低い正答率が0.1%です。以下順に並べると0.4%、2.5%、6.0%、6.4%になります。

 

つまり県立入試の数学を8割以上得点するには、正答率の低い問題もいくつか得点する必要ガあります。

 

これらの問題を得点するには、学校の授業や宿題だけでは、到底不可能であり、塾の出番となります。

 

ところで、入試は、5教科の総合得点と内申で決まりますので、仮に上野丘高校を目指す場合であっても、県立数学入試の8割得点に固執する必要はないと思います。

 

しかし、数学の難問に挑戦するのは、ロマンがあります。大学入試でも、東大の数学を解くのがロマンであるように。

 

大分県の難問は、出題分野がほぼ、決まっています。二次関数や1次関数の応用問題そしてそして、円等に絡めた相似の難問です。

 

過去問を15年分くらい研究すると大分の癖や主張が見えてきます。それを生徒に身体で覚えさせて、類題や過去問を解きまくって、計算力をつけるのです。

 

参考書は、「塾技、100」「入試によく出る数学  合格への201」「数学最強技 120」等がいいでしょう。

 

難関大学入試のリハーサルと思って楽しみながらやるといいのではないでしょうか?

 

あと、正解率0.1%や0.4%の問題は、計算が大変複雑ですし、捨て問として捉えるほうが、現実的でしょう。限られた50分の時間内のゲームなので、難問を見抜き、潔く捨てるという決断も大切と思います。

 

あと最も大切なことは、計算ミスをしないことです。易しい問題を落とさないことです。

 

難問が解けても易しい問題を散発的に落としていれば、全く意味がありません。

 

 

完全個人指導塾  OEC       下垣  明

大分市松が丘   携帯08067134143

個人指導塾よりも集団塾の方が成績向上の効果が期待出来る生徒の特徴。

5年間、個人指導塾で、様々な生徒さんを指導してきました。

当塾の指導により、学校の成績が見違えるように伸びた生徒さんや、人生を変えたかもしれないくらい有利な進路に導くことができた生徒さんもいます。

 

しかし、一方で、せっかく、時間とお金を使って、通塾していただきながら、十分な効果があがらない生徒さんもいます。

 

その違いのひとつに、生徒さん自身が勉強にモチベーションを高めて取り組んで頂けるか否かということがあります。

 

個人指導で、慣れてくると甘えが出てきて、部活の疲れからか、居眠りする生徒さんもたまにいます。

 

私は、個人指導塾を始める前は、費用面を除けば、集団塾よりも学習効果は、必ずあがると信じていました。

 

しかし、生徒さんによっては、集団塾のほうが、効果があがるのてはないかと思われる生徒さんもいます。

 

そのような生徒さんの特徴は、以下の通りです。

 

1   学校の成績は、3以上が好ましい。

2   勉強は基本的に興味がもてないし

 入りたい志望校も特にない。

3    学校の友達かいると、負けたくない

  という競争心がムラムラと沸き起こり、

  結果的に学習を自ら行い、効果を上げる

  ごとができる。

 

上記の3のことは、実際に個人指導塾をやってみてはじめて実感できました。

 

生徒さんが、分かりたい、知りたいと意欲を持って、授業に臨んでくれれば、個人指導塾は、集団塾よりも効果をあげることができるのは間違いありません。

 

画一的なカリキュラムではなく、個人の理解力や個別ニーズに100%合わせた授業ができるのですから当然の結果ですが。

 

完全個人指導塾  OEC      下垣  明

大分市松が丘  携帯    08067134143

 

 

先の見えない時代を生き抜く三つの智慧

仮に様々なハンディや障害があっても、「素直な心」と「礼儀正しさ」を徹底して身につけさえすれば、世の中、貧しくとも全うに生き抜いていくことができるでしょう。

 

そして、現代の変化の激しい時代、「学び好き」であれば、より充実した人生を生きていけるでしょう。

 

私が40年近くビジネスマンとして、人間ジャングルの中を生き抜いてきて、学んだ三つの智慧です。

地頭の良い人の致命的な落とし穴

地頭が良い人といっても様々なレベルがあります。地頭か猛烈に良い人と思われる人の話をします。

 

彼は、私と同じ歳で、科学者でした。

東大理学部の博士だったと思います。

銀行在職中、隣の課の課長をしていました。

 

困難な英文の論文、普通の人が解読するのに一時間以上かかるのに、彼は5分で完全理解していました。

 

普通の人が課長の仕事を12時間かかるところを1時間で完璧に終わらせていました。

 

彼に東大入試のことを聞いてみたら、受験勉強は、ほんの僅かしかしなかったそうです。国語は、一切勉強しなくても、ほとんど満点だったそうです。東大数学も、ほぼ満点と言っていました。

 

彼は、銀行に中途入行してきましたが、在籍したのは、3年くらいで、退職しました。

 

何故なら、銀行の役員は、全員、彼に対して怒りまくっていて、敵意剥き出しでした。

 

私の在籍していた銀行は、比較的性格的にマイルドな人が多かったので、びっくりしました。

 

彼は、全て自分の理解力を基準にして、他者を判断します。すると、他者は、全員見事に馬鹿に見えるのです。そして、相手に「お前、馬鹿」といった見下した表情を顔に出してしまいます。

 

銀行の役員は、プライドが高い人が多く、彼の馬鹿にした表情から、馬鹿にされたことを悟り、プライドがズタズタに切り裂けられて、猛烈な怒りに化けたのでした。

 

確かに人間、感情の動物で、好き嫌いはあります。しかし、銀行の役員全員が猛烈な怒りで火の玉になったのには、本当にビックリしました。

 

完全個人指導塾  OEC     下垣 明

大分市松が丘   携帯08067134143

 

 

 

子ども達に、勉強以外にもたくさんの選択肢の提示をしたい。

 

サッカーが嫌いな人は、サッカーをしなければいい。

 

絵を書くのが苦手な人は、絵を書かなければいい。

 

泳げない人は、泳がなければいい。

 

工作が嫌いな人は、工作しなければいい。

 

それでは、勉強が嫌いな人は、勉強しなくてもよいといいたいところですが、簡単にそう割り切れないところに悩みが生まれます。

 

勉強もサッカーや水泳や絵を描くことと同じであり、得手不得手が存在します。

 

勉強が不得手の人は、どうしたらよいか?

 

義務教育の内容、特に小学校の教科の内容、つまり「読み書きそろばん」は、どんな職業につこうとも必要なことが多いです。

 

ですから、小学校、中学校まで教科の中で将来、生きていくのに必要な内容は、時間をかけて、個人の理解に合わせて、学年を超越してじっくりやるといいでしょう。

 

漢字の読み書き、文章の読み方、分数、小数の計算、割合の理解等等。

 

しかし、高校より先は、抽象的な内容が多くなります。抽象的なことが多くなるとカバーする範囲は増えますが、理解は格段に難しくなります。

 

高校から先は、生徒が得意なことや興味のもてることやできそうなことの中から、つまり幅広い選択肢の中から、専門科目を選び、履修していくのがいいかと思います。

 

世の中の仕事を、みると高校の数学、物理、英語、世界史が分からなくても、ほとんど支障のない仕事が多いです。

 

電車やバスの運転、クレーン車運転、警察官、消防、行政職、配達員、建設工事、ケーキのパテシエ等等、世の中の大切な多くの仕事は、抽象的な高校以降の学習内容が理解できなくても、真面目に誠実に取り組めば、つとまります。

 

勉強がどうしても嫌いな生徒には、専門科目にたくさんの選択肢を提供してあげることだと思います。それが、将来の仕事に結びつくと幸せですが。

 

高校は普通科の他に、工業、商業、農業、芸術等の専門コースがあります。

私立高校は、かなり専門コースが充実してきました。公立高校もより一層専門コースを充実させる方向ガいいと思います。

 

普通科とは、大学進学をペースとしたものであり、勉強が不得意な子どもが進学するとかなり辛いものがあると思います。

 

やはり、人はみな、得手不得手があり、得意なものをみつける又は不得手なことは、できる限りタッチしないことが、いいのではと思います。

 

完全個人指導塾  OEC      下垣 明

大分市松が丘   携帯08067134143